Frühlingsquark mit Pellkartoffeln 春のクワークとペルカルトッフェル(ジャガイモ)

ZutatenQuark
「Frühlingsquark」は春の料理なので、いろいろなハーブや野菜が入ります。クワークに牛乳、長ネギ、こしょうそう(”Gartenkresse”)、ラディッシュ、甘いピーマン、パセリ、塩、こしょうを入れます。それが手に入れるのが難しいとき、チャイブ、たまねぎ、大根もおいしいと思います。
Kartoffeln
ジャガイモはちょっと固い種類が一番いいです(「festkochend」)。一番おいしいは春の一番早いジャガイモです。丸炊きにしますから、同じ大きさのジャガイモを選びましょう。小さければ小さいほど早く炊けますね!

Quark (「クワーク」、オーストリアで「Topfen」と呼びます)はコッテージ・チーズの種類です。日本では買えないと思います。
昔、ドイツで豆腐をあまり知らなかったとき、豆腐を「Sojaquark」(大豆のクワーク) と呼びました。作り方が似ていますからでしょう。日本にいる方は作ってみたかったら、バターミルクや農園からの生牛乳を買うことができれば作れますよ。でも、二、三日待たないとならないので、めんどくさいかもしれません。他のコッテージ・チーズでこのレシピをやってみて下さいね!
ドイツやスイスやオーストリアにいる方は、スーパーで買えます。ヨーグルトがあるところにあります。

Quarkpackung

違っている脂肪分のクワークがあります。ドイツでは40%、20%、1%のが普通です。でも、それは乾燥重量の脂肪分なので、本当は9%、4.5%、0.3%ぐらいになります。生地などに使う時、もっとぱさぱさのほうの1%の「Magerquark」・クワークがいいですが、こんど、生で食べるので、もっとクリーミな20%や40%のクワークのほうがおいしいです。
1%のクワークなら、絶対にクリーミになるように牛乳や生クリームも入れましょう!
コッテージ・チーズを使う方も牛乳を入れてみて下さい!

では、始めましょう!

Kartoffeltopf
まず、皮が付いているジャガイモを鍋に入れて、水で炊き始めます。

Quark
Quarkkonsistenz
クワークを皿に入れて、クリーミになるまでに牛乳も少し入れて、混ぜます。ヨーグルトより固練りです。さじを山盛りできます。

Gemüse
ハーブと野菜を細かく切ります。
クワークに入れ混ぜます。塩とこしょうで味を調えます。
Frühlingsquark

ジャガイモができたら(フォークかナイフで刺してチェックしましょう!)、水を切ります。
温かいうちに、フォークとナイフを使って剥きます。
できあがり!

FertigesEssen
ここは、皮が付いているままテーブルに飾ります。家族の全員は自分のジャガイモを食べる前にむきます。

Teller

広告

Frühlingsquark mit Pellkartoffeln 春のクワークとペルカルトッフェル(ジャガイモ)」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中