Eierkuchen – Pfannkuchen アイアークーヘン/プファンクーヘン

北ドイツでは「Eierkuchen」(卵ケーキ)、南ドイツでは「Pfannkuchen」(フライパン・ケーキ)と呼ばれています。デザートとして食べることもありますが、多くの場合サラダやスープを前菜にして、アイアークーヘンをメーンディッシュにします。ハムやチーズと食べることもありますが、普通は甘い物として食べます。フランスのクレープに似ていますが、それよりちょっと厚いです。簡単だし、甘いので、子供に人気があります。

pfannkuchenzutaten
材料
卵 2個
牛乳 125ミリリットル
小麦粉 150グラム
塩 少々

トッピング(ジャム、マーマレード、チョコスプレドなど)

pfannkuchenteig
材料を全部よく混ぜます。
pfannkuchenpfanne2
フライパンに少量の油をあたためて、生地を薄く注ぎ入れて、両面で焼きます。
Pfannkuchenmarmelade
焼きあがったら、ジャムとかを塗って巻きます。できあがり!
シナモンが入っている砂糖をかけても、おいしいです!
Pfannkuchenrollen2

バリエーション:
生地をフライパンに入れるとき半月に切ったリンゴ、バナナまたはハム、チーズなどの材料も入れます。バナナやリンゴの場合では、巻くのは難しいので、巻かなくてもいいです。

広告

Eierkuchen – Pfannkuchen アイアークーヘン/プファンクーヘン」への1件のフィードバック

  1. アイアークーヘンをメインディッシュにする時は、アイアークーヘンの中にハムやチーズを入れるのですか?
    日本でもクレープがあり、クリームやジャムやフルーツなど甘いものを入れて食べますが、時々、ツナやチーズなど甘くないものを入れて食べることがあります。私はそちらの方が好きです。(^_^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中