ドイツの料理の習慣

ドイツ人に聞くと「一番ドイツっぽい料理」はパンだろうと言います。ドイツでは真っ黒から白までいろいろなパンの種類があって、パン屋で売らています。特に黒パンのほうはイーストだけで作られるのではなく、他のパン種が必要です。パンを作るのは5〜12時間が掛かるので、昔から、仕事としてパンを作る人がいました。日本人は毎日ご飯を食べますが、ドイツ人の「ご飯」はパンです。普通は、毎日の朝ご飯も、晩ご飯もパン食です。昼ご飯は伝統的に一日の中で一番豪華な料理で、温かい料理にします。最近、仕事の昼休みが短くなったので、昼ご飯をパン食や他のちいさい物にして、夜のほうでもっと手の込んだ料理を食べる人が増えてきました。

スープ、グラタンなどの一つの鍋で作る料理もありますが、多くの料理は野菜と炭水化物に富むものと蛋白質に富む食品の三分から成り立ちます。「炭水化物に富む食品」はジャガイモ、パン、ライス、パスタなどで、「蛋白質に富む食品」は肉、魚、卵、他はチーズです。
Geschnetzeltesteller3

おやつもドイツで人気があります。「Kaffee und Kuchen」(「コーヒーとケーキ」)という午後の食事があります。午後3時頃、家族と友達と集まって、コーヒーや紅茶を飲んだり、ケーキや他のお菓子を食べたりします。

多くのドイツ人は甘党なので、デザートもケーキも人気があって、時々昼ご飯としてホットケーキのような甘い物を食べます。でも、甘いものを昼ご飯にする日は、サラダやスープなどの前菜を食べるのが普通です。

広告

ドイツの料理の習慣」への2件のフィードバック

  1. そうですね。パンを作るのは時間が長くかかって大変ですね。日本人はご飯を食べますが作るのはパンより簡単です。
    最近、日本でもドイツのパンが流行っていると思います。私の家の近くにもKindeというドイツパンのお店があります。ちょっと値段が高いですが、私は好きです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中