カテゴリー別アーカイブ: デザート

Erdbeeren mit Schlagsahne いちごとホイップクリーム

今年のドイツは雨が多かったですが、やっとあたたかくなりました。5月、6月からいちごの季節です。
いちごは生でもおいしいですね。それでは、簡単な食べ方を紹介します。夏でよくデザートとして食べられています。

Erdbeerzutaten
材料
いちご 500グラム
生クリーム 200グラム
砂糖 少々
バニラエッセンス (必要はありません)

いちごを洗って、半分に切ります。(大きいいちごなら、4つまたは8つに切ります)
お皿に入れて、砂糖を少々ふりかけます。そうすると、いちごのジューズが少し出てきます。(いちご500グラムに対し、砂糖大さじ1ぐらいの割合で入れて下さい。)
Erdbeerzubereitung
生クリームと砂糖小さじ1〜2、バニラエッセンスを少々入れて、(ドイツのVanillezuckerを一パック入れました。もう砂糖を入れてあるので、これだけ入れました)ホイップします。

ホイップクリームをいちごの上にかけます。
Erdbeere
できあがり!

簡単ですが、私には一番好きないちごの料理です。本当にすずしい夏の日の感じが出てきます!

Eierkuchen – Pfannkuchen アイアークーヘン/プファンクーヘン

北ドイツでは「Eierkuchen」(卵ケーキ)、南ドイツでは「Pfannkuchen」(フライパン・ケーキ)と呼ばれています。デザートとして食べることもありますが、多くの場合サラダやスープを前菜にして、アイアークーヘンをメーンディッシュにします。ハムやチーズと食べることもありますが、普通は甘い物として食べます。フランスのクレープに似ていますが、それよりちょっと厚いです。簡単だし、甘いので、子供に人気があります。

pfannkuchenzutaten
材料
卵 2個
牛乳 125ミリリットル
小麦粉 150グラム
塩 少々

トッピング(ジャム、マーマレード、チョコスプレドなど)

pfannkuchenteig
材料を全部よく混ぜます。
pfannkuchenpfanne2
フライパンに少量の油をあたためて、生地を薄く注ぎ入れて、両面で焼きます。
Pfannkuchenmarmelade
焼きあがったら、ジャムとかを塗って巻きます。できあがり!
シナモンが入っている砂糖をかけても、おいしいです!
Pfannkuchenrollen2

バリエーション:
生地をフライパンに入れるとき半月に切ったリンゴ、バナナまたはハム、チーズなどの材料も入れます。バナナやリンゴの場合では、巻くのは難しいので、巻かなくてもいいです。

残りもの料理 ルバーブのデザートとドイツ風のお弁当

ペルカルトッフェルを作った時も、ルバーブ・ケーキを作った時も、残り物がありました。

今日は、その残り物から何を作ったかをお話しします。

ペルカルトッフェルの昼ご飯の次の日、旅行に行きました。なので、お弁当を作りました。ドイツ風のお弁当は多分面白いと思ったので、写真を撮りました。ドイツでは、日本のような素敵なお弁当がないと思います。キャラ弁もあまり分からないと思います。でも、生徒は学校にお弁当を持っていきます。午前のおやつなので、だいたいサンドウィッチと果物だけです。旅行やハイキングの時はもっと大きなお弁当を持っていくのが普通です。サンドウィッチも果物も絶対はいりますが、そのほか、ヨーグルト、卵、ソーセージ、野菜、サラダなども入れます。
これは私の残り物のお弁当です:

Vesper2

パンにFrühlingsquarkの残りをはさんで、サンドウィッチにしました。
パンにバターをぬって、切ったゆで卵とこしょうぐさをはさんで、サンドウィッチにしました。
リンゴも切りました。
残ったペルカルトッフェル(ジャガイモ)の皮を剥いて切って、残ったきゅうりサラダに混ぜました。ラディッシュもピーマンも切って、サラダに加えました。

Vesper3

早く作れて、残り物も全部使えました。いいんじゃないですか。それにおいしかったです。^^

ルバーブ・ケーキを作ったとき、ルバーブの量は100グラムぐらい多すぎました。ですから、切ったルバーブを鍋に入れて、水を大さじ1、砂糖を大さじ2加えました。落とし蓋にして、柔らかくなるまで炊きました。
クワークにバニラ風味と砂糖を少々加えて味見ました。ルバーブもクワークもお皿に入れました。

Rhabarberquark2