タグ別アーカイブ: シュワーベン

Krautkrapfen クラウトクラプフェン

クラウト・クラプフェン

この料理は南ドイツのシュワーベンの料理です。私のふるさとのシュワーベン周辺は麺が有名です。他のドイツでは、イタリアのパスタは食べるが、伝統的に麺をあまり食べませんけれども、シュワーベンには伝統的な麺の料理がたくさんあります。これはその中の一つです。

サワー・クラウトはドイツの特別な物です。ドイツでは、いろいろなキャベツの種類が昔からよく食べられています。キャベツを長持ちさせるために、サワー・クラウト(酸っぱいキャベツ)の作り方が出てきました。サワー・クラウトの作り方は韓国のキムチの作り方に似ています。ドイツのものには唐辛子などの辛い味は入っていないので、味がもっとマイルドになります。ドイツでは缶やパックで買えます。市場でも売られています。日本では手に入るかどうかよく分かりません。ドイツの名物なのでヨーロッパの特別料理を売る所で見つかるかもしれません。
(*読者によると、日本の大きいスーパーマーケットでもサワークラウトを売っています。)

レバーケーゼは、形はが違いますが、材料も、味もウィンナーソーセージに近いです。南ドイツにいる方は、確かに買えますが、手に入れなかったら、ウィンナーやドイツの「Fleischwurst」を使っても全然大丈夫だと思います。

材料


Nudelzutaten
小麦粉 300グラム
卵 2個
水 約50ミリリットル
塩 少々
油 大さじ1

詰め物
Füllungzutaten
サワー・クラウト 1缶 (〜750ml)
レバーケーゼ (ほかはウィンナー) 120グラム
ベーコン 50グラム
キャラウェイ 少々
塩 少々
こしょう 少々

(ウィンナーとベーコンの代わりに豚のひき肉も使えます)

麺は小麦粉、塩、卵、油をよく混ぜて、だんだんお水も加えてこねます。卵の大きさが違うので、水の量は多くなることも少なくなることもあります。
生地が固くてこねにくいですが、ぼろぼろではなく、ねばねばもないその中間の硬さにします。均質の生地ができたら、玉にしておきます。

Krautpfanne
サワー・クラウトを絞ります。汁もとっておきます。フライパンでベーコンとレバーケーゼをちょっと焼いて、サワー・クラウト、キャラウェイ、塩、こしょうも入れて焼きます。いい香りがし、焼き色もちょっと付いたら良いです。

Teigplatt
生地を長方形になるように薄く伸ばします。(長方形の大きさは80x40センチぐらいになります) 薄ければ薄いほど良いです。
Rolle
伸ばした生地に、先ほど炒めたものを塗ります。巻きます。麺の巻きを約4、5センチの長さに切ります。フライパンに油またはバターを少しあたためて、麺巻きの部分をそこに入れます。
Pfanne
1分ほど焼いて、サワー・クラウトの汁と水を3センチぐらいまで加えます。蓋をし、 中火で水がなくなるまで焼きます。下に焼き色がつき、ちょっとかりかりになったら、おいしいですが、焦げないように気をつけましょう。かりかりのことが大好きなら、水がなくなったとき両面を焼いても良いです。
できあがり!
Teller

広告