タグ別アーカイブ: ジャガイモ

Kartoffelpuffer mit Speck und Salat ベーコン入りカルトッフェルプッファー(ジャガイモ焼き)とサラダ

今度は彼氏が料理を作ってくれました。わたしは写真を撮っただけです。おいしい料理を作ってもらえて、嬉しいです!

材料
Kartoffelpufferzutaten
ジャガイモ 800グラム
卵 2個
小麦粉 大さじ2
塩 少々
こしょう 少々
キャラウエイ 少々(パプリカやナツメグも合います)
タマネギ 1個
ベーコン 約100グラム(タマネギとベーコンはなくてもいいです)

タマネギをいちょう切り、ベーコンをせん切りにします。
ジャガイモの皮を剥いて、粗くすりおろします。布に入れて、絞ります。
Kartoffelpufferpressen2
絞ったジャガイモをボールに入れて、卵、小麦粉、塩、こしょう、キャラウェイを加えて混ぜます。
タマネギとベーコンも加えます。

Kartoffelpufferbraten
フライパンに油少々をあたためて、生地を両面ホットケーキのように焼きます。焼き色が付いたら、できあがり!

kartoffelpufferfertig2
この料理は、よくアップルソース(Apfelmus)やサワークリームと一緒に食べられています。特にアップルソースとのバージョンは子供に人気があります。

今回は、サラダと一緒に食べました。
よく作るサラダの作り方も紹介しようと思います。
Salatzutaten
サラダ、トマト、ピーマン(タマネギ、ネギ、チーズ、ナッツも時々入れます)を切って、ボールに入れます.
ワインビネガー(バルサミコ、リンゴ酢もよく使います)大さじ2、マスタード小さじ1、塩ひとつまみ、こしょうひとつまみ、砂糖または蜂蜜やマーマレード小さじ1/2を混ぜ合わせます。最後にオリーブ油大さじ2もまぜます。
Shake it2
一番簡単な混ぜ方は、材料を瓶に入れて、蓋をきっちりしめて、シェークすることです。すごく早くできる上に量が大きすぎたら、そのままで冷蔵庫にで保管できます。
Salat
ドレッシングをサラダにかけてちょっと混ぜて、できあがり。

広告

残りもの料理 ルバーブのデザートとドイツ風のお弁当

ペルカルトッフェルを作った時も、ルバーブ・ケーキを作った時も、残り物がありました。

今日は、その残り物から何を作ったかをお話しします。

ペルカルトッフェルの昼ご飯の次の日、旅行に行きました。なので、お弁当を作りました。ドイツ風のお弁当は多分面白いと思ったので、写真を撮りました。ドイツでは、日本のような素敵なお弁当がないと思います。キャラ弁もあまり分からないと思います。でも、生徒は学校にお弁当を持っていきます。午前のおやつなので、だいたいサンドウィッチと果物だけです。旅行やハイキングの時はもっと大きなお弁当を持っていくのが普通です。サンドウィッチも果物も絶対はいりますが、そのほか、ヨーグルト、卵、ソーセージ、野菜、サラダなども入れます。
これは私の残り物のお弁当です:

Vesper2

パンにFrühlingsquarkの残りをはさんで、サンドウィッチにしました。
パンにバターをぬって、切ったゆで卵とこしょうぐさをはさんで、サンドウィッチにしました。
リンゴも切りました。
残ったペルカルトッフェル(ジャガイモ)の皮を剥いて切って、残ったきゅうりサラダに混ぜました。ラディッシュもピーマンも切って、サラダに加えました。

Vesper3

早く作れて、残り物も全部使えました。いいんじゃないですか。それにおいしかったです。^^

ルバーブ・ケーキを作ったとき、ルバーブの量は100グラムぐらい多すぎました。ですから、切ったルバーブを鍋に入れて、水を大さじ1、砂糖を大さじ2加えました。落とし蓋にして、柔らかくなるまで炊きました。
クワークにバニラ風味と砂糖を少々加えて味見ました。ルバーブもクワークもお皿に入れました。

Rhabarberquark2

Frühlingsquark mit Pellkartoffeln 春のクワークとペルカルトッフェル(ジャガイモ)

ZutatenQuark
「Frühlingsquark」は春の料理なので、いろいろなハーブや野菜が入ります。クワークに牛乳、長ネギ、こしょうそう(”Gartenkresse”)、ラディッシュ、甘いピーマン、パセリ、塩、こしょうを入れます。それが手に入れるのが難しいとき、チャイブ、たまねぎ、大根もおいしいと思います。
Kartoffeln
ジャガイモはちょっと固い種類が一番いいです(「festkochend」)。一番おいしいは春の一番早いジャガイモです。丸炊きにしますから、同じ大きさのジャガイモを選びましょう。小さければ小さいほど早く炊けますね!

Quark (「クワーク」、オーストリアで「Topfen」と呼びます)はコッテージ・チーズの種類です。日本では買えないと思います。
昔、ドイツで豆腐をあまり知らなかったとき、豆腐を「Sojaquark」(大豆のクワーク) と呼びました。作り方が似ていますからでしょう。日本にいる方は作ってみたかったら、バターミルクや農園からの生牛乳を買うことができれば作れますよ。でも、二、三日待たないとならないので、めんどくさいかもしれません。他のコッテージ・チーズでこのレシピをやってみて下さいね!
ドイツやスイスやオーストリアにいる方は、スーパーで買えます。ヨーグルトがあるところにあります。

Quarkpackung

違っている脂肪分のクワークがあります。ドイツでは40%、20%、1%のが普通です。でも、それは乾燥重量の脂肪分なので、本当は9%、4.5%、0.3%ぐらいになります。生地などに使う時、もっとぱさぱさのほうの1%の「Magerquark」・クワークがいいですが、こんど、生で食べるので、もっとクリーミな20%や40%のクワークのほうがおいしいです。
1%のクワークなら、絶対にクリーミになるように牛乳や生クリームも入れましょう!
コッテージ・チーズを使う方も牛乳を入れてみて下さい!

では、始めましょう!

Kartoffeltopf
まず、皮が付いているジャガイモを鍋に入れて、水で炊き始めます。

Quark
Quarkkonsistenz
クワークを皿に入れて、クリーミになるまでに牛乳も少し入れて、混ぜます。ヨーグルトより固練りです。さじを山盛りできます。

Gemüse
ハーブと野菜を細かく切ります。
クワークに入れ混ぜます。塩とこしょうで味を調えます。
Frühlingsquark

ジャガイモができたら(フォークかナイフで刺してチェックしましょう!)、水を切ります。
温かいうちに、フォークとナイフを使って剥きます。
できあがり!

FertigesEssen
ここは、皮が付いているままテーブルに飾ります。家族の全員は自分のジャガイモを食べる前にむきます。

Teller